Fujica 35-M(1957発売)  FUJINON 1:2.8/45mm 改造レンズ

Fujica 35-M(1957発売)は、富士フィルムが最初に発売した35mmカメラです。

そして Fujica 35シリーズは国内最高峰の素晴らしいレンズを装着しています。



私がジャンク品として手に入れた35-Mは再生不能と分かり、レンズを取り出してフィルムマウントに改造しました。


FUJINON 1:2.8/45mm 改造レンズ

e0296043_2224629.jpg






e0296043_2243279.jpg




兄弟機の35-MLと

e0296043_22193227.jpg


絞りは8枚で、2.8~22

ピントはレンズ自体を前後にスライドさせて合わせます。

私のLUMIX G1 専用レンズです。


e0296043_22201142.jpg






作例

2012年6月8日撮影

e0296043_2222198.jpg






過去の記事

FUJICA 35-M (1957) FUJINON1:2.8/45mm改造レンズ





フィルム写真も公開中

「気まま大好き 半端大好き」


にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ
にほんブログ村
[PR]

by nikosaminira | 2012-12-21 00:00 | レンズ紹介 | Comments(0)