minolta Hi-matic E(1971年発売) ROKKOR-QF 1:1.7 f=40mm 接写用改造レンズ

ミノルタハイマチックといえば、世界で最初に宇宙を飛んだカメラだそうです。

そのシリーズの6代目にあたるカメラが

minolta Hi-matic E(1971年発売)


「ジャンクカメラまとめて50台」で購入した、ジャンクの山から見つけた掘り出し物。

ただし、壊れていましたのでレンズを取り出し、G1用(フィルムケースマウント)に改造しました。


ROKKOR-QF 1:1.7 f=40mm 接写用改造レンズ

e0296043_221788.jpg



なぜ接写用かというと、無限遠も取れますが、どうも周りのボケがキツいようでして・・・

接写ならあまり気にならないので、専用にしました。

また1:1.7とありますが、改造後計ってみると1:1.4のレンズとほぼ同じ明るさのようです。


ロッコール特有の柔らかさとこの明るさですので、机上の撮影にこれから活躍する事間違いありません。





作例

2012年12月28日撮影

e0296043_22151188.jpg






e0296043_2215592.jpg






e0296043_22152052.jpg






e0296043_22153522.jpg






e0296043_22155372.jpg







フィルム写真も公開中

「気まま大好き 半端大好き」


にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ
にほんブログ村
[PR]

by nikosaminira | 2012-12-29 22:22 | RF式コンパクトカメラレンズ