MAMIYA35クラウン(1958) MAMIYA-SEKOR F.C. 1:1.9/48mm改造レンズ



MAMIYAといえば、デジタルになった今でも中判カメラですが

かつては35mmカメラも発売されていました。

MAMIYAの初期のコンパクトカメラを入手しましたが、1955年より1961年ぐらいのカメラは識別が困難です。

色々調べてみた所、クラウンという1958年発売のカメラという事が判明しました。

そして、その MAMIYA35クラウン から取り出し、フィルムケースマウントに改造したのが

MAMIYA-SEKOR F.C. 1:1.9/48mm改造レンズ

e0296043_19253168.jpg


カッコいい、メタルキャップ付きです。



カメラに付けると

e0296043_19255283.jpg





絞りは5枚羽根で、開放では1:1.9ととても明るいレンズです。

ピントはレンズ自体を前後にスライドさせて合わせます。






作例

2012年12月14日撮影

e0296043_19285437.jpg






e0296043_192935.jpg







過去の記事

MAMIYA35クラウン(1958) MAMIYA-SEKOR F.C. 1:1.9/48mm改造レンズ





フィルム写真も公開中

「気まま大好き 半端大好き」


にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ
にほんブログ村
[PR]

by nikosaminira | 2013-01-13 00:00 | レンズ紹介 | Comments(0)