SEMI LEOTAX (1950年頃) C. Reginon Anastigmat 7.5cm f/3.5 改造レンズ

1938年頃から、ライカのコピーである35mmレンジファインダーカメラ LEOTAXシリーズ を製造販売していた 昭和光学精機(株)
※この LEOTAXシリーズ のカメラは、現在もかなりの高額で取引されているようです。

そして、今回紹介するレンズが付いていたカメラ SEMI LEOTAX (1950年頃)  も昭和光学精機(株)の主力商品だったようですが、こちらはとても安く購入できます。


C. Reginon Anastigmat 7.5cm f/3.5 改造レンズ

e0296043_2048547.jpg


私が最初に改造したレンズです。


焦点距離が7.5cmと長いので、オリジナルアダプターを使いミラーレスでも、フィルム一眼でも両方使えます。

e0296043_20493743.jpg



このレンズ、始めは気付きませんでしたが味のある素晴らしい写りをしてくれます。





作例

2013年2月22日撮影:藤沢市 長久保公園


e0296043_20524614.jpg






e0296043_2053499.jpg





フィルム写真も公開中

「気まま大好き 半端大好き」


にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ
にほんブログ村
[PR]

by nikosaminira | 2013-03-01 00:00 | レンズ紹介 | Comments(2)

Commented by niji-no-iro at 2013-03-01 13:08
LEOTAXって初めて聞きました。
こちらへ来るといろいろ勉強になって楽しいです(^^)
ふわっとした映りがいい感じですね〜。
これがこのレンズの特性ですか?^^
Commented by nikosaminira at 2013-03-01 19:19
LEOTAXは評価の高いカメラのようで、気合い入れて作りすぎてしまった為、倒産したとか?定かではありませんが・・・。
勉強になりますか!
嬉しいですね〜。
オークションで変な品物を落としたくないので、よく調べてから参加するようにしています。
また、ブログも色々調べながら書いています。
私も古いカメラを集め出してまだ2年ですので、分からない事ばかりです。

ふわっとしているのは、レンズに細かい傷がある事が大きな原因かと思いますが、バックの柔らかなボケ方を見るとこのレンズの特性なのかな〜とも思います。