VITO II 35mm (Voigtlander 1949~)

フォクトレンダーは、モーツァルトの生誕年1756年に創業したという、現在名前が残っている世界最古の光学機器メーカーらしい。

紹介済みのBESSA66とほぼ同年代に製造された35mmスプリングカメラ

VITO II

e0296043_3241863.jpg


目測式 多重露光防止機能付 フルマニュアルカメラ

重さは約400gで前回紹介したJubilletとほぼ同じサイズです。

見ての通り、曲線を生かしたデザインは洗礼されていて芸術品のようですが、操作性においても快適そのものといえます。


e0296043_3291786.jpg


・・・美しい!

因に私のiPhoneのスタート画面もこのカメラの画像です。


そして、レンズはファンの多い

COLOR-SKOPAR 1:3.5 / 50

e0296043_3373761.jpg


勿論私も、大ファンです。


また、このフォクトレンダーのロゴが痺れる!

e0296043_3501910.jpg


余計な写真でした〜




肝心の写りはというと・・・

フィルム:Kodak Super Gold 400

大手薬局の激安同時プリントでプリントしてもらい、フラットスキャナーで取り込んだ写真です。


e0296043_3551988.jpg


この立体感は何なんだろう?




e0296043_355542.jpg





e0296043_356753.jpg


赤や黄色は、発色が良すぎるのか?、はたまたプリントの質が悪すぎるのか?、やっぱり腕の問題か?潰れてしまいます。




e0296043_3561931.jpg




このカメラで撮った最初のフィルムの写真ですが、これらの写真を見てから私のカメラやレンズに対する考え方が変わりました。

当時の国産カメラも素晴らしいと思いますが、ドイツのカメラやレンズはその遥か上だったんだと感じました。

如何でしょうか?



にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ
にほんブログ村




こちらが更新されない日は


が更新されていますので、お暇な方は見て頂けたら幸いです。
[PR]

by nikosaminira | 2013-11-15 04:14 | カメラ紹介