『2013 大和の骨董市』NIKKOR-S Auto 1:1.4 f=50mm

日本が誇る、一眼レフカメラのレンズと言えば NIKKOR です。

NIKKORレンズのマウントは、今も昔もほとんどが”Fマウント”なので、
私のDMCーG1用にアダプターを作りました。

その名も

どんなものか?見たい方は ↑ ↑ ↑ ポチッとして下さい



2013年5月18日撮影:大和市 骨董市会場



e0296043_20501394.jpg





e0296043_20502179.jpg





e0296043_20502882.jpg





e0296043_20503659.jpg





e0296043_20504617.jpg






にほんブログ村 写真ブログ マイクロ一眼・ミラーレス一眼へ
にほんブログ村




こちらが更新されない日は


が更新されていますので、お暇な方は見て頂けたら幸いです。

[PR]

by nikosaminira | 2015-02-15 20:50 | 一眼レフカメラレンズ | Comments(2)

Commented by niji-no-iro at 2015-02-16 14:41
骨董市会場。
カメラにミシンに・・・。
古いものってどうしてこうも魅力的なのでしょうね。^^
昔のものの方が、デザインとかすごくかっこいいような気がします。
好みの問題もあるのでしょうが・・・。
いろんな方が使って、時代を超えて・・・と思うと、またさらに惹かれますね〜。^^
Commented by nikosaminira at 2015-02-17 18:45
蒼さん
ありがとうございます。
同感です。
私は昔から古い物好きなのですが、やはりデザインが良いんですよね〜。
また、見方を変えると、古い新しいに関係なく、長〜い間使われたり、保存された物はやっぱりカッコイイのだと思います。
現在の品々でも、カッコイイ物はいつまでも残る。
カッコ悪い物は、すぐに無くなってしまうのではないかと思います。